山梨大学機器分析センターのページへようこそ

機器分析センター新館機器分析センター旧館

 

新型コロナウィルス感染症対策による機器分析センターの対応について

教職員・学生の皆様には日頃より機器分析センターの利用管理運営にご協力いただきありがとうございます。

 

機器分析センターの各装置室は、長時間にわたる装置使用や防塵措置等のため、

通常の居室とは異なる利用環境にあります。

これまでも、防疫対策で利用に厳しい制限を設けてきました。

8月19日付で本学の行動規範レベルが2に上昇したことも受け、

原則としてワクチン2回接種完了者(以下接種者)とそれ以外の利用者(以下未接種者)では対応を分けることにいたしました。

詳細は“もっと読む”をクリックしてご確認ください。

機器分析センター 停電による機器停止のお知らせ

甲府キャンパス(東)の受変電設備の定期点検に伴う停電のため、

機器分析センターでは、下記の期間全ての機器の利用を停止します。

 

2021年9月4日(土)0:00~

2021年9月5日(日)24:00

 

上記の前後日に使用できない機器もありますので、

設備ネットワーク上でご確認ください。

機器分析センターの新型コロナウイルス感染症への今後の対応について

 

学内関係職員 各位

                                                                                               機器分析センター長

                                                                                                        近藤 英一

 

機器分析センターの各装置室は、長時間にわたる装置使用や防塵措置等のため、

通常の居室とは異なる利用環境にあります。

そのため現在は、新型コロナウィルスの防疫対策で利用に制限を設けています。

2021年9月からワクチン2回接種者(学生、教職員)に対しては、

利用制限を緩和する予定で検討中です。

円滑に多くの方に利用していただけるよう、ご協力お願いいたします。

 

偽サイトにご注意ください

機器分析センターの偽サイトにご注意ください

 

当サイトを模倣した偽サイトの存在を確認しております。

 

機器分析センターのサイトは下記のURLとなりますので、

十分にご確認いただきますよう、お願いいたします。

http://www.clab.yamanashi.ac.jp/

「ワンショット3D形状測定機」設置のお知らせ

ものづくり教育実践センター所有の新規装置が機器分析センターに設置されました。

使用を希望される方、ご興味ある方は支援室までご相談ください。

 

・装置名

ワンショット3D形状測定機

(キーエンス・VR-5000)

 

・装置概要

 高輝度LEDを内蔵した投光部より照射された構造化照明光により、

 400万画素モノクロC-MOSカメラに写し出された試料の縞投影画像から

 形状を測定する3D形状測定機です。

 得られた画像を使って、任意の部分の高さ、長さ、角度、体積などを

 瞬時に測定します。

 

詳細は『もっと読む』をクリックしてご確認ください。

液体窒素実績入力は今年度のIDで/支払責任者変更の場合連絡を

液体窒素実績入力については、2021年4月1日から学籍番号が変わったユーザー(山梨大学4年生から大学院に進学された方)は、新IDで液体窒素実績入力用の山梨大独自システムにアクセスして入力してください。

4月1日以降、すでに液体窒素の汲出しを行っているユーザーは、汲出しノートを確認し、遡って新IDで実績入力を行ってください。

なお、今年度から支払い責任者が変更となった方は、別途ご連絡下さい。

ご利用は登録完了後に

機器分析センターの機器は、機器分析センター利用者登録を済ませ、且つ、各機器ごとのユーザー登録を済ませてからご利用ください。また、利用者本人が予約してご利用ください(NMRは教員が予約、学生使用時は備考欄に学生名を明記)。利用登録前の使用や、他人名義での予約が発覚した場合には、本人と研究室に罰則を課します。

 

Subscribe to 山梨大学機器分析センター RSS