山梨大学機器分析センターのページへようこそ

機器分析センター新館機器分析センター旧館

 

「ワンショット3D形状測定機」設置のお知らせ

ものづくり教育実践センター所有の新規装置が機器分析センターに設置されました。

使用を希望される方、ご興味ある方はものづくりセンター宮澤までご相談ください。

 

・装置名

ワンショット3D形状測定機

(キーエンス・VR-5000)

 

・装置概要

 高輝度LEDを内蔵した投光部より照射された構造化照明光により、

 400万画素モノクロC-MOSカメラに写し出された試料の縞投影画像から

 形状を測定する3D形状測定機です。

 得られた画像を使って、任意の部分の高さ、長さ、角度、体積などを

 瞬時に測定します。

 

詳細は『もっと読む』をクリックしてご確認ください。

核磁気共鳴装置(NMR)利用者講習会のお知らせ

核磁気共鳴(NMR)装置の利用者講習会を下記の要領で行います。

参加ご希望の方は参加申込書に必要事項をご記入の上、

8月31日(月)までにセンター事務室に提出してください。

※ 今年度の講習会は、動画を視聴した後、実際に機器を使用した講習会を数名ずつ行います。

 

                記

日 時  講習会受講希望者と調整の上、決定
場 所  機器分析センター新館1階 NMR室(103号室)
機 種  AVANCE Ⅲ HD 500 (ブルカージャパン株式会社)
講 師  附属ものづくり教育実践センター 勝又 まさ代 技術職員
     応用化学科 桑原 哲夫 准教授
内 容  自動測定ソフト(IconNMR)を用いた溶液NMRの測定方法

※詳しくは、“もっと読む”をクリックし、添付ファイルをご覧ください。

科研費等外部資金による利用申請について

 機器分析センターの機器使用料について、令和2年度の科研費等外部資金による支払いの取扱いをいたします。

機器分析センター利用再開のお知らせ

センターの利用を条件付きで再開します。

機器等の利用にあたっては以下の注意を守ってください。

 

【注意事項】

・マスクを必ず着用し、玄関の消毒液で手指を消毒してから入館してください。

・原則として測定は1名で行ってください。ただし測定に自信のない場合は、指導するものを加えた2名まで認めます。

 

【液体窒素を汲み出すとき】

・汲み出しは安全も考慮し原則2名、自信のない場合は指導するものを加えた3名まで認めます。

・保護メガネを持参してください。持っていない場合のみ貸し出しますが、使用の前後で消毒してください。

・汲み出しの前後で手指の消毒を行ってください。

Notification of resumption of use

We resume uses of the center with the below conditions.

Be careful the followings when you use.

 

【Note!】

・Wear a mask, and disinfect your hands at the entrance when you enter the center.

・Use the instruments by yourself.

 However, if you don't have the confidence to it, we allow you and one instructor.

 

【When pumping liquid nitrogen】

 ・For safety reasons, you should pump liquid nitrogen with 2 people,

  but if you don't have the confidence, we allow up to 3 people.

 ・Bring your own safety glasses.

2020年4月以降のEPMAの運用について

 

機器分析センターのEPMAをご利用の方へ

 

これまで装置の高真空を維持するため常時運転をしてきましたが

センターの経費削減のため2020年4月より常時運転を停止いたします。

使用する前日の夕方に立ち上げるようにしてください。

なお詳細については設備NWの掲示情報をご確認ください。

ご不明な点がありましたらセンター職員にお尋ねください。

ご不便をおかけしますが、ご理解のほど何卒よろしくお願いいたします。

(新)熱分析装置の利用について

本年度納入された新しい熱分析装置(TG-DTA及びDSC)は、

新年度からの公開に向けて準備中です。

3月から使用希望の方は、機器分析センター技術支援室までご連絡ください。

液体窒素実績入力は今年度のIDで/支払責任者変更の場合連絡を

液体窒素実績入力については、2020年4月1日から学籍番号が変わったユーザー(山梨大学4年生から大学院に進学された方)は、新IDで液体窒素実績入力用の山梨大独自システムにアクセスして入力してください。

4月1日以降、すでに液体窒素の汲出しを行っているユーザーは、汲出しノートを確認し、遡って新IDで実績入力を行ってください。

なお、今年度から支払い責任者が変更となった方は、別途ご連絡下さい。

ご利用は登録完了後に

機器分析センターの機器は、機器分析センター利用者登録を済ませ、且つ、各機器ごとのユーザー登録を済ませてからご利用ください。また、利用者本人が予約してご利用ください(NMRは教員が予約、学生使用時は備考欄に学生名を明記)。利用登録前の使用や、他人名義での予約が発覚した場合には、本人と研究室に罰則を課します。

 

Subscribe to 山梨大学機器分析センター RSS