機器分析セミナーのご案内

山梨大学機器分析センターでは、企業研究者や技術者向けに、少人数のオンデマンド型機器利用セミナーを開催しています。山梨大学に設置され稼働している機器を実際に使って、使用方法と原理を学びます。本センターの外部利用機器を今後継続利用したい方はもちろん、装置の新規導入、業者等への分析依頼の事前検討、技術者・研究者の新人教育やリカレント教育の場としてご利用ください。

 

  • 実機を使った1日体験トレーニング(講習の趣旨に適していれば持ち込みサンプルにも対応します)
  • 原則として本センターのすべての稼働機器が対象です。
  • 講習は本学教職員が行います。
  • 機器の立ち上げ待ち時間などを利用した原理講習などにも対応します。
  • 随時受付で日程はご相談の上決定いたします。
  • 受け入れ最大人数は3名です。
  • 受講料は1回1基あたり16万円です。セミナー受講料としてお支払いいただきます。(共同研究や寄付金の名目ではありません。)
  • 難易度は装置や受講者の経験によりかなり異なります。1日間での講習内容のレベルも異なりますのでご了承ください。
  • 内容、申し込み方法、支払等の詳細は山梨大学機器分析センターまでお問い合わせください。

 

山梨大学 機器分析センター
電話/FAX: 055-220-8667
メール:kbc@yamanashi.ac.jp

 

【機器紹介】

電子プローブマイクロアナライザー(EPMA)   X線光電子分光装置(XPS)

オージェ電子分光装置(AES)  

この他の機器は設置機器一覧をご覧ください。